諏訪神社に狛犬は何体いるでしょう?

2019/6/5

どうもノブです。

前回は「諏訪神社と長崎くんち」をお伝えしましたが、今回は『諏訪神社の狛犬』についてお伝えしたいと思います(^0^)

そもそも狛犬とは、何のために鎮座しているのでしょうか?

狛犬は空想上の獣で、神社に祭らている神様を守るために神社の入り口から拝殿にかけて鎮座しています。 2体で一対をなしていて、概ね向かって右側が口を開いた「阿像(あぞう)」、左側が口を閉じた「吽像(うんぞう)」になっていることが多いです。ということで、諏訪神社の神様をお守りする狛犬たちを見ていきたいと思います(^0^)

アクロバティックな狛犬

諏訪神社に上る階段の途中、向かって左手に「祓戸神社」があります。 ここに鎮座しているのが、このアクロバティックな狛犬です。 階段を上ってきた参拝者を楽しませるかのような立ち振る舞いです◎ そして特徴的なのが頭のお皿! 狛犬と河童のハイブリッドなんですね◎

回る狛犬【願掛け狛犬】

アクロバティックな狛犬の次は回る狛犬です。 こちらは拝殿の向かって右手奥に鎮座していて、狛犬を回して願掛けを行います。 江戸時代、遊女街に来た船員たちに翌日海が荒れて出港できず、もう一晩泊まってもらうことを遊女たちが願い、狛犬を海の方向に回して願ったといわれ、信仰を集めているようです。 私は回る狛犬をここでしか見たことがありません。 ぜひ一度狛犬を回してみてください(^0^)

お金を増やしてくれる狛犬【銭洗い狛犬】

こちらは拝殿の向かって左手奥に鎮座していて、口から水が出ている狛犬です。(マーライ〇ンとは違いますよ) 江戸時代より名水として史書にも記されているそうで、この水でお金を洗えば倍に増えるという信仰があります。 洗うためのザルも置いてあるので、お金を増やしたい方はぜひ洗ってみましょう♪ 紙幣は自己責任でお願いします(^0^)

縛られる狛犬【止め事成就狛犬】

こちらは【銭洗い狛犬】の手前に鎮座していて、狛犬の足にコヨリを巻き、止めたいことを祈願します。 家出の足止め・借金止め・受験のすべり止め・禁酒禁煙などに効果があるそうです。 私も「twitterのフォロワーさんが減っていく」ことを止め事として祈願しました(^_^

ここまで4対の狛犬を紹介しましたが、諏訪神社には他にもたくさんの狛犬が鎮座しています。 そこで最後に問題です! 下の写真の狛犬は諏訪神社のどこに鎮座しているでしょうか?

答えも踏まえて、次回紹介したいと思います(^^)

名称鎮西大社 諏訪神社
住所長崎市上西山町18-15
TEL095-824-0445
リンクホームページ
記事一覧