ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/7/16

第2回ボマイエ交流会を7月13日に実施しました。

ひでおひでお

7月13日土曜日に第2回ボマイエ交流会を開催しました。まずはじめに、雨の中お越しいただいた参加者の方々非常に有意義な時間を一緒に作っていただき、ありがとうございました!こちらの記事ではボマイエ交流会で行なった内容をご紹介します。

ボマイエの発端と今までの経緯を包み隠さず知ってもらう。

開始から1時間ほどをいただいて、まずボマイエとは何?、誰がやってんの?ということからお話をさせていただきました。人前に立って話すことに慣れていない、私はテンパり気味でしたが、参加者の皆様は真剣に聞いてくださり助かりました。

参加者を知る。

次に参加者の方々に短めではありますが、自己紹介をしていただきました。宮崎や佐賀からの参加者もいて非常に驚きました。遠方から参加いただいた方、ありがとうございます!経営者の方や営業マン、シンガーソングライターやブロガー、学生、YouTuberなど普段は交わることでないであろう、様々な分野の方々が交流会に参加いただきました。普段の生活では絶対に聞けないお話などを聞くことができる、その方とコミュニケーションが取れるというのは非常にいい機会だなと感じました。

もうゆる〜い感じを出そう、各々しゃべってください!

普段、ファシリテーターなんてしたことのない私には進行は自己紹介までが限界でした。笑 ということで第1回のボマイエ交流会の時のように、堅苦しいことは抜きにして、もう各々でしゃべってください!となりました。するとみなさん待ってましたかのようにいろんな人と会話が進む進む!ファシリテーターとしては嬉しいようなちょっと悲しいような。笑

多くの価値観に触れることで触発され、いろんなアイデアが溢れ出てきます。

参加者の方々とマンツーマンでお話をすることで、その方の価値観がわかったり、自分の知らない領域を語ってもらうことで、そんな世界があるのかと新たな発見があったりとこの時間はすごすぎる!と思えるような刺激的な時間が過ぎていきました。ある参加者とは今後ボマイエでコラボをすることが決まったりなど、生まれるものもありました。なんと言っても、各々でお話をしてください!と言って以降は笑い声も聞こえたりとみなさんが楽しんでいるのが感じられて、参加者に交じりながら話をしていた自分は嬉しさで少しゾクゾクしていました。このような機会をまた設けたい。そう思える濃い3時間でした。第3回も開催をしますのでご期待ください。長崎っていいですね。

最後はみんなでハイっボマイエポーズ!.…何もないのでバラバラ。笑

イベント名第2回ボマイエ交流会
場所HafH Nagasaki-SAI
この記事を書いた人
ひでお

ひでお

ボマイエの運営。長崎市で現在1人だけの地域おこし協力隊。琴海地区の魅力を発信&新たな魅力を作ります!2020年はTOEIC満点も目指してます。現在890点。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます