就活に悩む学生へ。

2019/8/26

みなさん、こんにちは!ボマイエライター兼長崎大学経済学部4年の、はるかです!今回は、長崎の大学生に向けた記事を書きました。(私自身、大学生なのですが!笑)長崎の大学生のみなさんは、少しでも目を通してくださると幸いです!

「就職活動」と聞くと、どんな気持ちになりますか?

いわゆる就活ってやつですね。みなさんは、「就活」というワードを聞くと、どんな気持ちになるでしょうか。おそらく、多くの学生が「不安。。」「心配。。」「やりたくない。。」なんて気持ちになるのではないでしょうか。実際どうかはわかりませんが、私は少なくともそうでした。正直、めんどくさいですよね。。やりたくないですよね。。ここまで読んで共感した方は、もう少し先まで読み進めてほしいです!全然共感しなかった方は、あまり読む必要がないかもしれません!

なぜ、就活は楽しくないのか?

そこで、私は、一つの疑問を抱きました。なぜ、「大学生は前向きな気持ちで就活に取り組めないのか」と。考えた結果、以下のような考えにまとまりました。

①社会人になって働くことに対して、マイナスイメージがあるから。

「社会人って、辛くてきついんでしょ?」

②就活は、面接で評価されるために、自分を良く見せないといけないから。

「面接に受かるためには、自分をかっこよく見せないと…」

③そもそも、働きたくない。

「一生、大学生でいたいなー。」

みなさんは、どう思いますか?

しかし、それは本当なのか?

だが、しかし、上記のイメージは真実なのでしょうか。いつの間にか、社会人になることや、働くことに対して、否定的なイメージを抱いてしまっているからではでしょうか?

私の就活のエピソード。

私自身、上記のようなイメージを持ちながら、就活をしていた時期がありました。しかし、そんな気持ちのまま就活をしても、全然楽しくないし、むしろきついし。でも、受かりたい。自分を評価してほしい。そんな感じで、どんどん私は空回りしていったんです。しかし、現在。私は、「ここで働きたい!」と思えた企業に内定を頂きました。現在は学生でありながら、その企業にインターンシップという形で、事業の運営に関わらせてもらっています。そこに至るまで、私は他の企業に一枚もエントリーシートを出していません。面接もしたことがありません。つまり、一般的な就活を経験することなく、内定を獲得したのです。

「自分らしい就活」をしてほしい。

私のように、就活に悩む学生は結構多いのではないでしょうか?また、努力して内定は獲得したけれど、別にそこで働きたいわけではない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?これから大学を卒業して、将来の大部分を占める「働く時間。」その将来を選択する「就活」において、すべての学生に「自分らしい選択」をしてほしいと私は思っています。

就活が不安な学生へ。

そんな学生に向けて、上記のような企画をご用意しました。「シューラボ」という名の、就活塾です。私のように、就活に悩む学生を、一人でも助けたいと思い、立ち上げた企画です。その「シューラボ」の説明会を下記日程で開催します。

企画名シューラボ
日程9月19日木曜日
9月26日木曜日
※内容はどちらも同じです。
どちらかの日程にご参加ください。
説明会は、社会人の方も見学できます。
時間18:30~20:30
開催場所スタートアップ交流拠点 CO-DEJIMA
申し込み方法こちらをクリック
リンクFacebook

少しでも、興味がある方には、ぜひ参加してほしいと思います。参加希望の方は、こちらをクリックより申し込みください!質問などありましたら、なんでもお尋ねください(^^)/それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

記事一覧