スケスケ展 -スケると見える仕組みの世界-

2019/3/16

長崎歴史文化博物館で様々な生物や物の中身を『スケる(透ける)』を通じて紹介する特別展が開催されます。

スケスケ展とは様々な生物や物の中身を『スケる(透ける)』を通じて紹介する特別展です。

最新のデジタル技術を用いた体験や、骨格標本/透明生物の展示など、外と中との意外な関係性を感じたり、予想外の発見があったりと、子どもから大人までが幅広い世代の興味をくすぐります。

「にんげんスケスケ」「くらしスケスケ」「どうぶつスケスケ」「アクアスケスケ」「いろいろスケスケ」の5つのゾーンに分けて紹介。
「にんげんスケスケ」では自分の身体の中ってどうなっているのか?スクリーンに自分の身体がスケて骨や血管、筋肉が映しだされるなど、 小さい頃から「なぜ?」「どうして?」「この中身はどうなっているの?」という好奇心に応える幅広い世代が楽しめる企画展です。

最新のデジタル技術を用いた体験ができる『スケスケ展』に足を運んでみてはいかがでしょうか。

イベント情報
催事名スケスケ展―スケると見える仕組みの世界―
会期2019年3月21日(木・祝)~ 5月6日(月・祝) 全46日間
3月中:10:00~18:00 最終入館 17:30
4月以降:平日:10:00~18:00 最終入館 17:30
土日祝:10:00~19:00 最終入館 18:30
※休館日:4月15日(月)
会場長崎歴史文化博物館 3階企画展示室
主催長崎歴史文化博物館、NBC長崎放送、西日本新聞社
記事一覧