アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ展

2019/3/16

日本初公開の約50作品を含む、世界最多数約500点を展示!

長崎県のハウステンボス美術館では、2019年2月9日(土)から6月24日(月)まで、「アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ展」が開催されます。

ミュシャは「アール・ヌーヴォー」という19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動を代表するグラフィックデザイナーで、花や植物など様々な概念を女性の姿を用いて表現し、華麗な曲線を多用したデザインが特徴です。また、浮世絵的な技法が取り入られている作品もあり、日本人にも親しみやすく、女性に人気です。

今回開催される「アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ展」では、世界最多数約500点もの作品が展示されます。日本初公開の作品は約50点を含む、ポスターや装飾パネルをはじめ、はがきや雑誌、当時販売された商品パッケージが並びます。

今も色褪せないミュシャの世界をより深く知ることのできる絶好の機会です。

イベント情報
日程2019/02/09(土) 〜 2019/06/24(月)
時間09:00 〜 22:00 ※日によって変更あり。
会場パレス ハウステンボス宮殿内 ハウステンボス美術館
料金2/9~2/18まで入館無料。 【通常料金】 大人700円 小人500円(4歳から小学生まで)
※1DAYパスポートをお持ちの方500円、年間パスポート、アフター5パスポートをお持ちの方無料
※3月1日よりチケット券種変更有り
※詳しくは公式WEBサイトをご確認ください。
URL https://www.huistenbosch.co.jp/
記事一覧