2019.11.30まで目標金額40万円
【クラウドファンディング】英語版ボマイエ

ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/11/10

11月13日テントサウナがHafH Nagasaki-SAIにやってくる!

ひでおひでお

サウナことはじめ

こんにちは!初めまして、2019年10月から長崎に引っ越してきました中村ポンと申します。普段は長与町にある株式会社 アグリュームで生産、加工している国産オリーブオイルやフルーツジャム直売店『長与カラフル』におります、ただの事務員です。いきなりですがわたくし、サウナが好きすぎて『テントサウナ』なる物を所有してまして…社外イベントにてちょくちょくテントサウナをお披露目してましたら、ご縁あってボマイエさんで長崎の皆さまに『テントサウナ』とはなんぞや?と、最新のアクティビティをご紹介する機会をいただきました!

テントサウナとは?

まず、なんでテントサウナ?と疑問ですね、わかります。
これは読んで字のごとく、キャンプ場や川のそば、浜辺、コンクリ敷地にお家のお庭…とにかく様々な場所にポツリと『テント』を立てて、その中を『サウナ』状態にしちゃうとんでもアウトドア アクティビティです。そもそもサウナについてご説明しますとサウナ発祥の地はフィンランドです。SAUNAという呼び方も、実はフィンランド語と言うのはご存知でしたか?フィンランドは北欧に位置し、日照時間が少なく、とてもとても寒い国です。日本のように温泉地に恵まれてはいないためフィンランド式体を温める方法=『サウナ』が発展しました。

元々は食糧を貯蔵したり燻製したりする小屋だったのが、次第にサウナへと変貌を遂げ、サウナを通じて近所の人達との憩いの場や祈りの場になり、一昔前はお産場所にもなったりしたそうです。つまり、時代時代で形は変われどフィンランド人の心と体を温め続けた唯一無二の存在がサウナだったのですね。ちょっと日本の銭湯や温泉の在り方にも通ずる所があると思ってます。

フィンランドのサウナは湿度高め。

そして、フィンランドサウナには現在日本に流通している多くの日本式サウナと顕著に違う部分があります。それは室内に薪ストーブや電気ストーブがあり、更にストーブの上にサウナストーンと呼ばれる石を積み上げ、暖まった石の上に水やアロマ水をかけて蒸気を発生させて、じっくり体を温める…湿度高めのサウナが主流という所です。この湿度高めのサウナの良い所は発生した熱や蒸気を無理なくじんわり体で受け止められることができます。そのため体の芯から温めることが可能です。サウナの熱気が苦手、顔がヒリヒリして長居できない!と言った方や、なかなか体が温まりにくい冷え性の方にはかなりオススメな入り方です。

その他にも、熱いサウナストーンに水をかけた時のジュワ〜とした音、続く蒸気とアロマの香りによるリラックス効果もあります。フィンランド人の方々は朝昼晩サウナ、休日サウナ、自宅にサウナ、なんならサウナで仕事して出てきた時には笑顔で商談成立、なんて話も日常茶飯事と聞きます。さて、そんなサウナ大好き国民フィンランド人により約2000年前から発展してきたサウナも、時代の流れにより戦地に赴く人々がいました。もう二度と祖国の地を踏めず、サウナにも入れないかも知れない。そんな思いを持ったフィンランド人達の力により生まれたのが、今回ご紹介する『テントサウナ』の始まりなのです。

テントサウナ『いつでも』『どこでも』『サウナに入れる』

フィンランドの地を遠く離れても、サウナと共に祖国あり。テントサウナに入ればそこはフィンランドなのです。少々話が大きくなりましたが…わたし自身はフィンランドから遠い日本の長崎県で、皆さまに手軽にフィンランド体験が出来る空間、非日常への誘いのキッカケとして今の時代のテントサウナを提供していけたら良いなぁと考えてます。サウナはどうでも良いけど、フィンランドに興味ある方、そもそもサウナが苦手‼という方、なんか珍しい体験が長崎で出来るらしいよ〜って方まで。

一度は体験していただきたい、テントサウナのご紹介でした〜!ちなみに。サウナで体を温めた後に体を水風呂で引き締めると、なぜか更に体の中から暖まる現象…という未知の世界も体験してほしかったりしますが、まぁまずはサウナにいらっしゃいませ〜。

11月13日にテントサウナ体験しませんか?

HafH Nagasaki-SAIの屋上でテントサウナをします。

まずはテントサウナにいらっしゃいませ〜と、言うことで‼今度はhafH SAIさんでテントサウナイベントやります‼1回定員 5〜6名様、時間内であれば体験回数制限なし※設営の関係上、水風呂はございません。体験ご希望者は水着+Tシャツ短パン、もしくは汗をかいても良い格好とサンダルスタイル+タオル、お着替えをお持ち頂きますようお願いします。体験後はhafH SAIさんの宿泊者専用シャワーをお借りできるそうです。普段宿泊者しかみれない豪華な内装も見学できて一石二鳥⁉ ご飯はないですが、アグリュームのジャムを使ったお菓子を数量限定+200円で提供予定です♪その他、大変申し訳ないのですが参加者多数の場合は外でお待たせする事もあるかと思います。めちゃ寒いので上着必須でお願いします!では皆さまに良きサウナとの出会いがあらんことを…

イベント名テントサウナ体験会
日時11月13日(水)19:00~21:00
参加費500円
リンク詳細ページはこちら

※持ち物:水着・ヨガウェアなど、汗をかいてもよい恰好 + ティーシャツ、短パンなど、休憩中に体が冷えすぎないように薄手の上着(パーカー、プールタオルなど)/注意:今回のテントサウナ体験では水風呂のご準備はございませんので、外気浴のみとなります。ご了承お願いいたします。

この記事を書いた人
ひでお

ひでお

ボマイエの広報担当。TOEIC930/9月から家なし生活。