ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/12/11

12月21日開催!みんなの中で安心して孤独になれる場を届ける「アカリノタネ」at つくる邸

ひでおひでお

アカリノタネとは?

「生きていると、いろんなことがある。」

嬉しいことも、悲しいことも、傷つくことも、もやもやすることも。ちょっぴり頑張ってみたことも、頑張れなかったことも。

だから、

あなたがまた「いってきます」できるように、”みんなの中で安心して孤独になれる場”を届けたい。

そんな想いで、月に一度、大阪の素敵な古民家をお借りして行っているイベントです!

アカリノタネ大家について

「アカリノタネの大家」=「アカリノタネの運営」。「大家さんみたいにあったかく見守りたい」「参加してくれる方と一緒になって場を紡ぎたい」という想いから、「大家」という表現をしています。

笹木珠代(アカリノタネ大家)

「わかちあう」ということはどういうことなんだろう、「わかりあう」ことはできなくても、「わかちあう」ことはできるのではないか、そんな祈りを込めて広場を紡ぎたいなぁと思っています。神戸大学3年生。

石井夏海(アカリノタネ大家)

なくてもいいかもしれないけれど、あったら誰かの希望になるかもしれない、「おまもり」に惹かれています。そんなものを一緒につくっていけたら、届けていけたらいいなと思っています。大阪大学3年生。

*今年の夏にはクラウドファンディングにも挑戦!

このクラウドファンディングがきっかけとなり長崎に呼んで頂き、

この度つくる邸にて「アカリノタネ」を開催します。

アカリのタネの大家より一言

「ひとり」って、なんだろう?

誰かと一緒にいたいけど、いたくない、そんな時間って、どうしたらいいんだろう。

キャンドルの灯りの中で自分と対話したり、

隣にいる人と「あのね、」から始まる話をしてみたり、

ただぼーっとアカリを眺めてみたり。

そんな日常の余白を、

「ただいま」と「いってきます」の間で

みんなと一緒につくってみませんか。

イベント名アカリノタネ#21
〜長崎のつくる邸で、キャンドルナイト〜
開催日2019年12月21日土曜日
開催時間18:30〜21:30
開催場所つくる邸
参加申し込み・詳細Facebookページ






この記事を書いた人
ひでお

ひでお

ボマイエの運営。長崎市で現在1人だけの地域おこし協力隊。琴海地区の魅力を発信&新たな魅力を作ります!2020年はTOEIC満点も目指してます。現在890点。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます