ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/12/17

12月28日開催!長崎県内の公務員などが一同に集まる「長崎にいいち会」@長崎県庁

ひでおひでお

「長崎にいいち会」とは?

長崎県内には21の市町があるので「にいいち」と名付けました。最近メディアで話題になっている、総務省の脇さんがはじめた全国47都道府県の公務員の集まり「よんなな会」の長崎県版になります。長崎県内の公務員や学生、パブリックマインドを持った民間人の交流により、長崎県の未来を明るくしたいと考えています。

8月に開催された「長崎よんなな会」

今回のイベントのきっかけは、8月に脇さんが来崎され「長崎よんなな会」というイベントが長崎市で開催されたこと。このとき公務員や民間人など多くの参加者が集まり、長崎県内のネットワークをより強くしていこうということで今回のイベントが企画されました。

今回のテーマ「チャレンジ〜長崎県の未来のために〜」

いま、長崎県は少子高齢化や人口減少などの厳しい課題に直面しています。社会構造の変化に対応するためには、これまでの方法に囚われない新たな「チャレンジ」が必要になります。

ゲスト(12/16現在)

各分野で様々な事業にチャレンジしている方をゲストとしてお招きします。

河浪 静里奈/アスタースクエア代表・コスプレイヤー

陳 優継 Chin Masatsugu/株式会社四海楼 代表取締役社長

1965(昭和40)年、長崎市生まれ。 1899年に創業した中華料理四海樓の創業者であり、 「ちゃんぽん・皿うどん」の考案者でもある陳平順の曾孫で四代目にあたる。 銀行勤務をへて、現在は株式会社四海楼の代表取締役社長。 公益財団法人長崎孔子廟中国歴代博物館の理事長兼館長、 長崎中華料理同業組合の組合長、 長崎国際観光コンベンション協会の副会長、 長崎県美術館の評議員などを務めている。

平田 研/長崎県副知事

※そのほか、現在調整中

プログラム

●プログラム
【14:00〜15:00】ゲストスペシャルトーク
各分野をリードするゲストが取り組む「チャレンジ」について紹介!

【15:00〜16:00】ご当地自慢大会
各地の名物、自然、歴史、景観、人などについて紹介!

【16:00〜17:00】ショートプレゼン
登壇者が1人3分程度で自身の仕事やプロジェクト等について発表!

会場 長崎県庁食堂「シェ・デジマ」

平成29年12月に完成したばかりの長崎県庁舎が会場です。食堂は隠れたグルメスポットとして人気です。大きな窓からは美しい長崎の港を眺めることができます。

公務員だけでなく、民間の方や学生の方も参加できますので、ぜひご参加ください!

イベント名長崎にいいち会 大忘年会
開催日2019年12月28日(土)
開催時間14:00~17:00
開催場所長崎県庁食堂「シェ・デジマ」
参加費2,100円(税込)ドリンク・軽食付
参加申込・詳細こちらのホームページまで
この記事を書いた人
ひでお

ひでお

ボマイエの運営。長崎市で現在1人だけの地域おこし協力隊。琴海地区の魅力を発信&新たな魅力を作ります!2020年はTOEIC満点も目指してます。現在890点。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます