ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/12/26

【参加費無料】2020年1月18、19日開催!雲仙⇄東京「クリエイティブな移住 」を見る・知る・体感するツアー

ひでおひでお

長崎空港からバスで約2時間。とても便利とはいえない場所に雲仙市小浜町(おばまちょう)はあります。風光明媚な海に面した温泉地ですが、驚くなかれ、その小さな町に、デザイナーや新しいことにチャレンジするクリエイティブな人たちが徐々に集まりつつあるのです。聞くと「仕事は結構ある」らしい。それなら海と山と温泉があるこんな豊かな場所で生活するのも悪くない。とは言え「ほんとうに仕事はあるの?生活できるの?」といった疑問に答えるべく、現地で生活するクリエイターたちのアトリエを訪ね、どのような環境で仕事をしているか、生活する上で困ったことはないかなど、リアルなお話を聞くと同時に現地の魅力を存分に体感してください。夜には、現地に住む様々な職種の皆さんとの交流会も企画。空き家の見学も行います。地元の野菜を使った美味しいオーガニック弁当もご用意(申し込み制、有料)します。いますぐでなくてもいずれは地方で生活したいという方、デザイナー以外の方も大歓迎です。公共交通機関を使うと、空港からちょっとアクセスが不便な場所ですが、今回は、長崎空港からマイクロバスの送迎を無料でご利用いただけます(ただし所定の時間発着)。この機会に奮ってご参加ください!

<注意事項>

  • 現地集合、現地解散になります。現地までの交通費、宿泊代は自己負担、ご自身でご手配ください
  • 現地では徒歩の移動になりますので、歩きやすい靴でご参加ください。
  • 現地での関係者との夕食は、会費制になります。(3,000円程度を予定)
  • 不明な点は、事務局までご遠慮なくお問い合わせください。

雲仙市小浜町刈水地区クリエイティブツアー概要

日時:2020年1月18日(土)、19日(日)
主催:AXIS、雲仙市
集合場所と集合時間:
a. 無料マイクロバス利用の方 
10:00 長崎空港到着ロビー集合
[推奨航空便 羽田発] SNA031 9:00着、JAL605 9:30着
b. 直接行かれる方
12:00 小浜公会堂 集合 (雲仙市小浜町北本町848番地)
c. 10時以降着の航空便で来られる公共交通機関(バス)利用の方
<バスの時刻:参考>
10:55 長崎空港発 →11:26 諫早駅着(所要31分 640円) ー乗り継ぎー 11:50 諫
早駅発→12:43 小浜着(所要53分 1,000円)
帰りの時間:
a. 無料マイクロバス利用の方 
12:30小浜出発 長崎空港到着 14:40予定

ツアー行程

<1日目> 
12:00 小浜公会堂集合 ツアーについての説明を聞きながら昼食。
地元野菜を使った「taneto」のオーガニック弁当(1,000円)の希望者は、申し込み時にお知らせください。お弁当を希望しない方は、コンビニをご案内します。
13:00 ツアー開始
刈水庵見学 城谷耕生さんご案内(ホームページはこちら

Tvättlina見学 伊藤香澄さんご案内

アイアカネ工房 藍染作家さんの工房とショップ

景色デザイン室(ホームページはこちら)、事務所&カフェ 古庄悠泰さんご案内、コーヒー希望の方は、古庄さんに淹れていただきます。(有料)
15:30- 空き家案内 実際に移住した方のお宅訪問など

「カレーライフ」、東京のデザインショップに勤務していた方がオープンしたカレーショップ。
その他周辺案内
16:30- ほっとふっと105(足湯) *日没17:30頃 晴れていれば夕焼けを見ながら
17:00 ツアー終了。いったん解散それぞれの宿泊施設へ
<以下はご希望の方のオプションになります。>
18:00- 希望者は、夕食会(会費制)
20:00- 希望者は、景色飲み会に参加(会費制)


ーーーー
<2日目>
午前中 自由行動 朝から地元デザイナーがそっと教えてくれる海上露店風呂に入ったり、「刈水庵」でデザインの名品について城谷さんのお話を伺ったり、アイスキャンデーを食べながら、散策したり等。
12:30 小浜公会堂集合 *雲仙市のマイクロバス利用
taneto(地元野菜の販売所)立ち寄り
14:40 長崎空港到着
[推奨便:JAL612 15:25発、SNA040 15:30発、ANA740 15:30発]
ーーーー
*予定は、一部都合により変更になる場合もあります。ご了承ください。

手配前の方や不明な点がある方でも、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ:メールはこちら

この記事を書いた人
ひでお

ひでお

ボマイエの運営。長崎市で現在1人だけの地域おこし協力隊。琴海地区の魅力を発信&新たな魅力を作ります!2020年はTOEIC満点も目指してます。現在890点。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます