ボマイエ 長崎のWEBメディア

2020/2/12

長崎県立美術館でアートワークショップを開催!「世界地図」を、HafH Nagasaki SAIに設置します!

ひでおひでお

HafH Nagasaki SAIで定期的に行われている、”Diversity in Residence” シリーズ。

vol.4 “Touch Diversity Project”が県立美術館とHafH Nagasaki SAIで開催されます。

テーマは -世界地図を描こう- と題し、完成した「世界地図」のお披露目イベントを2月17日(月)にHafH Nagasaki SAIで 開催します!

(※ 画像はイメージです)

多様な価値観を受け入れ、地元と、外部の文化の交流により新しい風土を作るプロジェクト「Diversity in Residence」では、これまで様々な「多様性」をHafH Nagasakiで受け入れてきました。

第4弾「Touch Diversity Project」では「障害者とアート」をテーマに、2019年10月、「8Methods for Creative Growth -創造能力を開花できる8つのメソッドを学ぼう!」と題してキックオフイベント実施。その際、約50名の方に参加していただきました。 イベントレポートはこちらからご覧いただけます。

この度、2020年2月15日・16日に長崎県美術館運河ギャラリーにて、デザイナーのLailaCassim氏をお招きし、長崎県内で障害者サポートを行うaiueo.lab、障害者アートワークをサポートするtsunaguらとHafHがコラボレーション。

障がいを持つ子どもたち×地元デザイナーのコラボレーションによる「オリジナルの世界地図」を製作いたします。

日程2020年2月15日〜16日
時間13:00~15:00
場所長崎県美術館運河ギャラリー

ライラ=カシム氏 紹介

日本生まれ世界育ちのイギリス人。

多人種、障害者など、様々なアイデンティティーを持つことから自身を「一人国連」と呼ぶ。

デザイナーとして自らのスキルを社会福祉の現場での専門性と掛け合わせ、障害などを持つアーティストの社会参加と経済自立を促すための商品開発やデザインプログラム・ワークショップの企画・運営などを国内外で行っている。

東京大学先端科学技術センターでは、「異才発掘プロジェクトROCKET」にも関わっている。2019年4月よりTURNのプロジェクトデザイナーを務める。

AIUEO.Lab紹介

Always I Understand Each Other -対話から学び、心、育む世界を- をコンセプトにコミュニケーションを通じて様々な人材が活躍する基盤を創る企業(設立準備中)。

鎖国時代に唯一、世界に開かれた窓として異国の多様性を理解し、柔軟に受け入れ、学ぶことで和華蘭文化として昇華、発展してきた長崎。ダイバーシティを独自の文化へ育ててきた長崎だからこそ、育つ想いと、育つべき人材がいる。

環境、業種、分野に限らず人と人とが「想い」を伝え、「対話」を重ね、優しいコミュニティづくりを目指す。ビジョンを実現するための仕組みをデザインし、現代の和華蘭文化を長崎から世界へ発信していく人材を育成する。

心に広がる優しい世界を、海を越える世界へ

TSUNAGUアートワークス紹介

障害のある人もそうでない人も、自由に創作活動する場。

各分野で活躍する個人や企業が持ち寄った知識、技術、経験、人脈、経営資源をコーディネートし、障がい者が積極的に参加できる仕事と環境を生み出す活動をしてる。

完成した世界地図はHafH Nagasaki SAIの3階コリビングスペースに設置予定。

掘りごたつ横の壁に設置予定

設置とともに、お披露目イベントを開催します。

日程2月17日(月曜日)
時間13:00~15:00(12:45受付開始)
場所 HafH Nagasaki SAI 3階コリビングスペース
参加費無料
登壇者LailaCassim AIUEO.Lab 大瀬良亮(HafH共同代表)
お申し込みこちらをクリック

このイベントでは、実際に参加したこどもたちをはじめ、関わった大人たちと、製作の裏話やこれからの福祉の可能性、そして「多様な価値観の受け入れ方」についてお話いたします。世界中からたくさんの人が集まるHafHに飾られる世界地図をどうぞ、お楽しみに。

2月15日・16日・17日は、長崎県立美術館・HafH Nagasaki SAIにて取材を受け付けます。取材希望の方は、HafH Nagasaki SAI 川口までお問い合わせください。メール:info@kabuk.com 電話:095-818-8181 担当:川口・岩村

この記事を書いた人
ひでお

ひでお

ボマイエの運営。長崎市で現在1人だけの地域おこし協力隊。琴海地区の魅力を発信&新たな魅力を作ります!2020年はTOEIC満点も目指してます。現在890点。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます