2019.11.30まで目標金額40万円
【クラウドファンディング】英語版ボマイエ

ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/10/15

HafHの屋上でBBQしませんか?

ゆりゆり

HafHのネイバー(会員)のゆりです。 気づけばあっという間に10月、長崎の秋の大祭「おくんち」も終わってしまいましたね。 長崎の人達のこの時期の口グセは「おくんちの終わってからが秋やもんね」「おくんちまでは暑かもんね」と長崎人に秋の訪れを感じさせてくれるお祭りでもあります。

さて、今回はそんな秋にぴったりの体験をみなさんにご紹介したいと思います。

街中のおしゃれ空間で手ブラで楽チンBBQ

BBQと聞くとワクワクする方も多いのではないでしょうか?ただBBQと言えば海辺で、キャンプ場でとちょっとアクセスが大変だったり、食材やドリンクの買い出しや運搬で誰かがドライバーにならないといけなくて飲めない人がいたり。準備や後片付けも大変です。 でもこれらが全部不要で、長崎の街中で、しかもおしゃれな空間でBBQできてしまう場所があるんです。そんな夢のような空間は長崎の面白い人達が集まる場所、HafH nagasaki SAIです。

いったいどこにそんなスペースがあるの?

そう思われる方もいるかもしれません。 実はSAIのあのおしゃれな建物には屋上があるんです! 広々としたスペースに街中とは思えない静かな空間。SAIは古川町という眼鏡橋の近くにあるのですが、賑やかな飲み屋街とは少し離れているので夜はとっても静かなんです。そんなSAIの屋上でBBQできるプランが最近スタートしたそうなので早速体験させてもらいました。

このプランのすごいところ

  1. 食材はすべて準備してくれる
  2. コンロの準備もお任せ
  3. 飲み物は持ち込みOK
  4. 後片付けも全てお任せ

これってかなり魅力的じゃないですか?

1.の食材の買い出し

時間はかかるし重たいし材料を買いすぎたりして大変ですよね。 このプランにはお肉、お野菜、ソーセージ、そして嬉しいことにシメの焼きそばまで付いています。この日もみんなお腹パンパンだったのに気づけば焼きそばも残さずペロリ。材料はちょうどいい量で綺麗に食べきれて、ゴミの削減にも繋がりますね。

3.の飲み物持ち込みOKなのも嬉しい!

みなさん好みもいろいろあるだろうし、何と言ってもSAIは街中にあるので、もし飲み物が足りなくなったら目の前にコンビニもありますし、1階のBARでクラフトビールや美味しいカクテルを購入することもできます、最高の環境。

そしてそして、BBQの1番面倒なところである火の準備と後片付け。なんとこれも業者の方が全部やってくださいます!お腹いっぱい、ほろ酔いでいい気分で座ってる間に、あっという間に綺麗に片付けまでやってもらえちゃうのです。なんだかすごく贅沢した気分になれるのと、片付けでバタバタしないので終了時間までみなさんとゆっくり話せるのでこれはとても快適でした。

初めまして同士でもいつの間にか仲良くなれるBBQ

1つのコンロを囲んでみんなで交代でお肉を焼くBBQ、自然に会話が生まれ、普通の飲み会よりもグンと距離が縮まりやすい気がします。 私が参加した日も初めましての方が3名いらっしゃいましたが、いつの間にか話も弾み、なんとみんな同級生なことが判明。そこから学生時代の思い出など、さらに話が盛り上がりました。

一緒に参加していたHafHスタッフのゆりちゃんがポテトチップスを焼き始めて最初みんな驚いていましたが、ホクホクになってジャガイモの味が増してこれが美味しくて大人気!みなさんもぜひマネしてみてください、オススメのBBQグルメです。 今回誘ってくれたHafHスタッフのチアキちゃんと「次はマシュマロを焼いてみようね」と約束を交わしました、BBQで1度はやってみたい憧れの1品です。

なんといってもSAIの便利な立地!

BBQだと遠方で開催することが多く、仕事終わりに後から合流するのは難しいことが多いと思いますが、SAIは街中にあるのでアクセス抜群。 そして、忘れていけないのはSAIには宿泊することもできるということ。宿泊もセットにすれば時間も気にせず心置き無く楽しめますし、BBQの終わった後は3階のリビングでゆっくり飲み直すのもまた楽しそう。SAIを訪れている他のゲストさん達とも交流できるので、新たな出会いも生まれるかもしれませんね。

秋が深まるこの季節、おくんちロスでちょっと元気がないそこのみなさん、SAIでいつもと違った体験してみませんか?

店名HafH Nagasaki-SAI
住所長崎県長崎市古川町5-21
営業時間7:00~23:00
TEL095-818-8181
リンクホームページ
この記事を書いた人
ゆり

ゆり

長崎生まれ長崎育ち、普段は銀行員をしています。旅や人との交流が好きで、HafHを第2の家とした生活を楽しんでいます。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます