2019.11.30まで目標金額40万円
【クラウドファンディング】英語版ボマイエ

ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/11/7

壱岐。うにめし食堂はらほげ。

ひでおひでお

気になっていた、うにめしをいただきにはうにめし食堂はらほげにお邪魔しました。実は前日の夕方に行ったのですがすでに閉まっていて、お昼に時間を変えて再チャレンジしました。後から聞きましたが、お客様が多い時などは食材がなくなるため早めに閉めることもあるそうです。

すべて座敷席です。いかにも食堂という店構え。お店自体はかなり広いのですが、平日の12時ごろは満席で、私はギリギリ入れましたが、後から来たお客様は少し待つような感じでした。人気であることがわかります。観光客で団体で利用されているお客様も多いよう。予約をすることをお勧めします。

早速、うにめしの付いている、はらほげ定食1800円を注文。

食事を待っている間にはらほげってなに?

こちらのうにめし食堂はらほげの近くには、はらほげ地蔵という六地蔵があります。海女で有名な八幡浦の海中に祀られている、そちらの地蔵のお腹部分が丸くえぐられているようなので、はらほげ地蔵と呼ばれているそうです。こちらのはらほげ地蔵、満潮時には海に浸かる珍しい場所に祀られている地蔵です。地蔵は海側を向いているので、はらほげは確認できませんでした。

はらほげ定食1800円(税込)

さあ注文から10分くらいして、はらほげ定食が提供されました。うにめし、あおさのお吸い物、さざえのつぼ焼き、お刺身、小鉢と盛り沢山。

うにめしの蓋を取ると一気に磯の香りが広がります。うにめし食べる前から楽しみ。まずあおさのお吸い物をいただき、

うにめしをいただきます。

濃厚なウニの香りと甘み、優しい味わいでどんどん食べ進められます。

お刺身も新鮮でプリプリでした。

うにめしも美味しかったですが、サザエのつぼ焼きが美味しかった〜。

香ばしい醤油の香りと磯の香りが混ざって、口に入れるとさらにその香りが広がります。弾力のある表面部分も美味しいですが、肝がさらに磯の香りが広がり美味い。はらほげ定食。うにめし、あおさのお吸い物、さざえのつぼ焼き、お刺身、ボリューム満点の大満足な定食でした。

店名うにめし食堂 はらほげ
住所長崎県壱岐市芦辺町諸吉本村触1307
営業時間10:00~18:00
定休日年中無休
TEL0920-45-2153
リンクホームページ
この記事を書いた人
ひでお

ひでお

ボマイエの広報担当。TOEIC930/9月から家なし生活。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます