ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/11/23

本石灰町の「亜欧旬感グリル・ 夜光杯」でいただくコース料理 に舌鼓!

ちょーのちょーの

こんにちは!「あそふく」でクリエイターをやっています、ボマイエライターのちょーのです!今回は、久々に夜の思案橋に繰り出してきましたので紹介させていただきます。

訪れたのは、亜欧旬感グリル・夜光杯

 11月22日で結婚1周年を迎えたので、記念に外食に行こうと決めていたこの日。普段行くお店よりちょっぴりカッコつけたかった私たちがチョイスしたのが夜光杯さんでした。外観・内装ともに撮り損ねたので割愛させてください。その代わり、広々と、かつ落ち着きのある空間でいただいたコース料理を余すことなく撮影して参りました!笑

 ノンアルで乾杯!

 この日は食後に運転を控えてたのでノンアルコール。私はサラトガクーラーを注文しました。お酒も飲めますがガンガン飲む方じゃないのでいいんです。とりあえず乾杯できれば。サラトガクーラーは「ジンジャーエールの甘みをライムがキュッと締めてくれるもの」だと伺って初めて飲みましたが、どストライクでした。一度おいしいと思ってしまうとあまり冒険しない私は、これしか飲みませんでした。(笑)

3種の前菜で見事に胃袋を掴まれる…!

グラスを片手に談笑していると、まず前菜が運ばれてきました。手前からキノコのテリーヌ、生ハム、タコのジェノベーゼソース。どれから食べるか悩みましたが、まずはタコをひと口。こりっこりのタコを想像していた私は、あまりの柔らかさに驚きました。酸味の効いたさっぱりとした味わいで、パクパクと口に入れてしまいそうだったので慌ててストップ!(年に1度の料理をこんな簡単に口に運んじゃいかん…!!)いつものように食べ進めたい自分と葛藤しながら、均等に食べ進めることを決意。続いていただいた生ハムは薄くスライスされていましたが、タコと相対して噛み応えがあります。そしてテリーヌはシンプルな味付けとまろやかな口当たりが特徴的。三者三様の食感を例えるならボクシング。右ストレートを防いでいると左フックが飛んできます。それならまだいいのですが、油断してると背後からコーチがぶん殴ってくるんです。そんな衝撃の展開に驚くことなかれ。これまだ第1ラウンドの話だぜ。

彩り豊かな野菜のアヒージョ

続いて、ぐつぐつと音を立てながら運ばれてきたのがアヒージョです。ブロッコリー、パプリカ、ジャガイモ、ズッキーニと彩り豊かな野菜たちがこちらを見つめています。早く食べてあげたい気持ちは山々でしたが、いかんせん猫舌の私はしばらく野菜とにらめっこ。そしていつもと違うことに気付きます。(あれ?このコース料理って俺らのタイミングに合わせて出してくれてる…?)普段こういうお店に来ない私が味わうコース料理と言えば、次々と運ばれてくる居酒屋のものか、あるいは結婚式のやや冷めたものです。こんなアツアツの出来立て料理がタイミングよく運ばれてくる幸せ。いいわぁ…。なんてことを考えながらニヤニヤしてしまったので、にらめっこはあえなく敗戦。香ばしさ漂う温かい野菜を、ひとつひとつ味わって食べました。おいしいぃぃ…。

グリルチキンとポルチーニのパスタ

アヒージョの余韻に浸っていると、次にパスタが運ばれてきました。ポルチーニのとってもいい香りが食欲を加速させます。キノコが大好きな妻は目をキラキラさせてパスタを食べ進めます。更に香りだけではなく、クリームパスタとグリルチキンとの相性も最高で、巻いては食べ巻いては食べの繰り返し。前菜で抱えていた葛藤はいつの間にか消え去り、妻に負けじと食べ進めてしまう始末。パスタを完食した後に店員さんがお皿を下げてくれる際、お皿にフォークを載せっぱなしであることも完全に忘れてしまうほどに、私はすっかりコース料理の魅力に惹き込まれていました。(直後に店員さんが新しいフォークをすっと準備してくださったので事なきを得ました。笑)

アクアパッツァ

次に登場したのがこちらのアクアパッツァです。ぷりっぷりのエビを筆頭に、アサリ、イカ、白身魚と、先ほどとは打って変わって潮の香りを感じる魚介料理。プチトマトの酸味がとても良いアクセントになっていて、どこから食べ進めても正解の、とってもおいしいアクアパッツァでした。

長崎県産和牛のタリアータ

そしてこちらが今回のメインであるタリアータ。長崎に住んでいながら、実はこんなにしっかりと長崎県産和牛を食べるのは今回が初めてでした。煌びやかなお肉を見つめてゴクリ。写真で見るよりも厚めに切られたお肉をひと口頬張ると、とろけるような柔らかさと同時に染み出てくる旨みが、口の中でじわりと広がりました。(なんておいしいんだ~~…!)これ以上食べるのがもったいなく感じるほどのおいしさでしたが、善は急げとはよく言ったもので、冷めないうちにぱくりぱくり。お店を予約してからというもの、この日を楽しみに頑張ってきて良かったと心から思えた瞬間でした。

デザートはプレートを…!

今回の目的は結婚1周年を祝うことだったので、最後にプレートをお出しいただきました。パチパチと煌めく花火と色とりどりのデザートを写真に収め、店員さんに2ショットも撮影していただいて、それから2人で「色々あった1年だったね~」と振り返りながら、色とりどりのデザートを頬張りました。慣れないコース料理で味わった、おいしい料理と特別感。私生活は当たり前の日常に思えますが、人生いつ何が起こるかなんて誰にも分かりませんよね。この日までの1年を回想して、家族や周りの人に支えられて今の自分がいること、そしてこの当たり前の日常が決して当たり前でないことを改めて実感。この先いつまでも、コース料理に慣れない私で居たいのでした。

店名亜欧旬感グリル夜光杯
住所長崎市本石灰町6-38
営業時間11:30-15:00,17:00-23:00
店休日第2・第4火曜日
リンクホームページ
この記事を書いた人
ちょーの

ちょーの

遊ぶ門には福来る。のクリエイター。会社員として働く傍ら、地元・長崎の魅力や様々なコンテンツを、色んな媒体を通して紹介する活動を行ってます!