ボマイエ 長崎のWEBメディア

2020/4/4

「ビジネスサンド」が人気の老舗。長与町さつきパン

リボン子リボン子

長与町役場の近く『さつきパン』をご存知ですか?

長与川沿いにあるローソンの斜め向かいです。

「何時から開いてるんですか?」

とお店の奥様にお尋ねすると、ちょっと苦笑いで「うちの父が5時半から…」と驚きの返答!

何度も訪れているものの、いつも午後にはほんの数個しか残っていない人気店。

奥様によると「もっとも種類が充実するのは午前10時半頃」だそう。

お昼時、お年寄りから赤ちゃん連れまで幅広い層のお客さんがひっきりなしに訪れ、地元の皆さんに愛されているのが伝わってきました。

特に最近では春休みの影響か、惣菜パンが毎日飛ぶように売れて行くそう。

惣菜パンはこのショーケースの中に並べられています。

このとき時刻は12時。

すでに出遅れた感…。

そんなさつきパンの一番人気は「ビジネスサンド」!

その変わった名前の由来をお尋ねすると、「忙しいビジネスマンでも片手でサッと食べられるように」とのこと。

さすが町役場の近くなだけあります。

ビジネスサンドを口に詰め込む昭和のモーレツ社員の姿が脳裏に浮かびます。

ビジネスサンドのベースとなるのはほんの〜り甘いコッペパン。

なるほど片手で握れる細身なパンです。

具はオニオンスライス、チーズ、ハム、きゅうりのスライス、そして何と「大葉」!この大葉、こいつがめちゃめちゃいい仕事してるんですよ!!

初めて食べて以来、欠かさず買う一品です(売り切れていること多し)。

さらに個人的にもうひとつ魂が震えたのは「カスターメロンパン」。

残念ながらこの日は売り切れていたのですが、名前からも想像できる通り、メロンパンの中にカスタードクリームが入っています。

しかし何を隠そう私、メロンパンがそんなに好きじゃないんです…。

クッキーみたいに硬い部分「だけ」は好きなんだけど、中の白くてふわふわの部分があんまり好きじゃない。

ところがこのカスターメロンってば何と「クッキー部分しかない」と言っても過言ではない夢のパンなのです。

もはやこれは「クッキー」と名乗って良いと思います。

ピザパン、ハンバーグパンも満足度高し。

ベースとなるパンはこちらもほんのり甘めで懐かしい味です。

繰り返しますが、午後にはほぼ売れてしまっています。

午前中にGOですよー。

この記事を書いた人
リボン子

リボン子

趣味は萌えフォント収集。色んな所を旅してこどもたちの写真を撮ったり、お産を取ったりしています。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます