長崎一の眺望スポットである稲佐山

2019/3/30

長崎の住民に、長崎で眺望の素晴らしい絶景スポットを教えて欲しいと尋ねると、必ず一番で返ってくる答えが「稲佐山」です。稲佐山は長崎県南部、長崎市の中心市街地の西方にある山で、標高は333mです。

山頂へは長崎ロープウェイ を使って簡単に登れます。ただ、山頂への登山道はきれいに整備されていることから、ロープウェイを使わずに、歩いて山頂を目指すこともできます。また、山頂までのドライブを楽しめるドライブウェイが走っています。

自然の中を散策しながら山頂を目指すと、登山の途中でナガサキマンネングサといった珍しい植物を見ることもできます。

眺望

山頂には360度ガラス張りの展望施設があります。展望台は床にイルミネーションが光り、幻想的な空間を醸し出しています。

昼は青い空と緑の海に囲まれた雄大なパノラマが目に前に広がり、長崎港や北方に延びる長崎市街地の全貌を見渡せます。さらに、遠くに雲仙岳や天草、五島列島まで望めます。

また、夜はまばゆいほどに輝く長崎の夜景が一面に映えます。その夜景の美しさは1000万ドルの夜景とも言われ、長崎を2018年の「日本新三大夜景都市」の第一位に押し上げた最大の功労者です。

なお、長崎市は2012年に開催された「夜景サミット2012 in 長崎」で、香港、モナコとともに「世界新三大夜景」に選ばれ、2015年にも神戸と札幌に並び「日本三大夜景」に認定されています。

稲佐岳駅から稲佐山展望台へは、約6000個のLED電球で作られた「光のトンネル」が導いてくれます。季節ごとに変わる光の色が胸を躍らせます。

レクリエーション

稲佐山の中腹には公園や野外ステージ、草スキー場などがあり、レクリエーションの場として心身をほぐすことができます。野外コンサートでは様々なコンサートが開催されます。

「稲佐山公園」ではさまざまなイベントが行われており、市民の憩いの場になっています。遊具広場にはアスレッチックを始め、子供が楽しめる大型遊具などが設置されています。そして、公園はつつじの名所になっており、春になると約8万本の花が咲き誇り、園内が濃いピンクに染まります。

展望台へ行く途中に「猿舎・鹿放牧場」があります。鹿と猿が飼育されている小さな動物園で、入園料は無料です。動物達に餌をやりながら、ふれあうことができます。

「草スキー場」では遊具がレンタルされており、手ぶらでも遊ぶことができます。

記事一覧