ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/4/9

しまてつの旅

ヒロタカヒロタカ

海が見える長崎の街は、素敵なローカル線がたくさんあります。
その中でも今回は特に有名な「島原鉄道」に乗って旅をしたいと思います。

旅は諫早駅から始まります。
諫早駅はJRと島原鉄道の駅が併設されており、両駅は構内で繋がっているのでそのまま乗り換えることが出来ます。

ところでタイトルの「しまてつ」についてですが、島原鉄道の略称であり地元民から親しみを込めてそう呼ばれています。

それでは早速「しまてつ」に乗って島原を巡る旅に出ましょう。

車内は落ち着いておりどこか懐かしさを感じます。日本にまだこんな列車が残っていたんだと感動させてくれる車内です。私は進行方向に向かって左側の窓の席を選びました。車窓から海を眺めることが出来るからです。まずは諫早の街中を抜けます。

街を抜けるとすぐに田んぼと山の景色に変わります。
旅をした日は晴れていたこともあって、とてもすっきりとした車窓を眺めることができました。
旅に出るなら、ぜひ晴れの日を選びましょう。

おじいさんが犬の散歩をしています。
こんなのどかな景色に出会えるのも、ローカル線の魅力の1つですね。
しまてつがますます好きになってきました。

地元の人が渡ることを考えられてか、線路のあちこちに踏切がありました。

今までの写真は全て車窓から撮ったものですが、列車の走る速度がそこまで速くないのでちゃんと写真を撮ることが出来ます。

次第に海が見えてきます。
しまてつは島原半島の海沿いを一周するため、ずっと海を眺めることが出来ます。素敵でしょう。

今回の旅で途中で必ず寄りと思っていた「大三東(おおみさき)駅」に到着しました。
この写真を見る限りでは「なんだ普通の駅じゃん」と思うかもしれません。

私がこの駅に寄りたかった理由は次の写真を見ていただければ分かります。

じゃ~ん。駅のホームの横がすぐ海なんです。
こんな駅なかなかないでしょう。
長崎は海に囲まれた街なので、生活の一部に必ず「海」があります。
この景色を見るためにしまてつに乗ったと言っても過言ではありません。
それだけ素晴らしい景色で、「日本一海に近い駅」とも呼ばれています。

ホームには島原鉄道のイベントで集められた、メッセージが書かれた幸せの黄色いハンカチが設けられています。
海と空の青に、ハンカチの黄色が映えますね。

再び列車に乗って目的地の島原駅を目指します。

大三東駅から列車に乗ること30分程度で今回の旅の目的地の「島原駅」に到着しました。

みなさん、島鉄の旅はいかがでしたか。
長崎の海とローカル線のある景色はとても美しいものです。

この記事を書いた人
ヒロタカ

ヒロタカ

写真を撮ったり文章を書いたりしています。ローカル線の旅や京都散策が好き。