2019.11.30まで目標金額40万円
【クラウドファンディング】英語版ボマイエ

ボマイエ 長崎のWEBメディア

2019/11/5

ゲストハウスLAMP壱岐に宿泊しました。

ひでおひでお

壱岐島へ初めて来ました。泊まり先はゲストハウスLAMP壱岐。勝本の朝市が行われている商店街を歩き、小学生がバトミントンをしている光景になんだか懐かしさを感じながら、ゲストハウスLAMPに到着しました。

ゲストハウス前に駐車場も

ゲストハウスのすぐ目の前には駐車場もあるため、レンタカーを借りていても安心して行くことができます。

歴史を感じる木造のゲストハウス。

チェックインは隣の建物へ

チェックインは隣の建物で行います。こちらが共有スペースにもなっています。

おしゃれな共有スペースでこちらでは壱岐の焼酎を飲むこともできます。運転で来られた方も、こちらで一杯できるのが嬉しいですね。

天井には樽が。

天井には樽があり、歴史も感じることができます。

チェックインが終わり、木のLAMP壱岐キーホルダーの付いた鍵を受け取り、ゲストハウスLAMPの中へ。

ワクワクする空間。

まず入り口でLAMPのマークが木彫りでに心打たれます。そして玄関へ。

玄関に入ると真っ赤な室内用スリッパが綺麗に並べられています。

こちらにも先ほどのLAMPのマークが。全てに統一感があり、いいなと思いました。

1Fはドミトリー

宿泊者の方がまだ入っていない時にチェックインさせていただいたので、今回は特別に1~3Fまで全てのお部屋を見させていただきました。まず1Fはドミトリー。

ドミトリー部分でこれはいいと思ったのが、2段目に登った時に足場があること。ゲストハウス生活をしていると、意外とこの2段目に登るのが大変なことがあります。こちらのLAMPでは登った後に幅がある足場が保たれているのでそこが嬉しい。

2F~3Fは個室。

次に風情が保たれたままの階段を登り2Fへ。

登る途中にはリノベーションをされる前のLAMPの姿が写真で飾られています。

2F~3Fは個室になっています。私が泊まるお部屋はこちら

和室でTVも付いていて十分な広さ。そのほかの部屋はツインルームもファミリー向けの大部屋もあります。

ツインルーム

外の景色も眺めることができます。

大部屋

ツインのベッドルームと居間。

照明も和紙で囲まれていて、おしゃれ。

シャワーもトイレも男女別で安心。

シャワールームやトイレなどゲストハウスでは共同の場所もあるかと思いますが、LAMP壱岐は男女別になっています。安心できます。洗面所も綺麗で申し分ないです。宿泊料金はドミトリーは1人1泊 4,000円〜 (税込)、個室は1部屋(定員2名〜6名)5,000円〜 (税込)。

レンタル電動バイクなども

レンタル電動バイク1500円/4hやレンタル釣りセット2000円/日など壱岐の旅行を楽しむものも充実。

個室の居心地が良すぎました。

先ほど紹介したこちらの個室。この部屋が風情もあり、居心地が良すぎて、結果この部屋にずっと居てしまいました。そういう日もあっていい。

施設名ゲストハウスLAMP壱岐
住所長崎県壱岐市勝本町勝本浦253
リンクホームページ
この記事を書いた人
ひでお

ひでお

ボマイエの広報担当。TOEIC930/9月から家なし生活。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます