空と風と帆船まつり

2019/4/21

今日は出島ワーフ・水辺の森公園で開催されている「帆船まつり」に行ってきました。
晴れた青い空と心地よい風がとても気持ちよかったです。

まずは路面電車で会場へ

まずは路面電車に乗って電停「大波止」で降りて出島ワーフから回ります。
港からすぐ近くに帆船がたくさん…。
海があって陸があって少し遠くには山も見えます。
この眺めが長崎らしくてとても好きです。

船を間近で見学することができます。
時間帯によっては実際に乗船して中を見ることも出来ます。

私はタイミングが合わず、外から見学しました。

周辺には出店もやっているので、グルメを楽しみながら回るのも楽しそうです。
そのまま水辺の森公園でピクニックしちゃいましょう。

たくさんの外国船が長崎にやってきた!

外国の船もたくさん入港しています。
船は大学の所有物のようで、乗組員のみなさんは海洋技術を学んでいる学生さんとのこと。

晴れている空にたくさんの国旗がすてきです。
天気が晴れというだけで気持ちが明るくなっちゃいます。

かっこいい…。絵になります。

こちらの白い服の方は船長さんでしょうか。
みんなに指示を出していました。

乗組員の学生さんの笑顔が素敵です。
手を振ったら手を振り返してくれたり、みなさんとても優しい方でした。

ついに船に帆を張るセイルドリル!

さて、いよいよ船に帆を張るセイルドリル(操帆訓練)が始まります。
高い所にひょいひょい登っていて凄かった。

どんどん準備を進めます。それにしてもほんと高い…。

帆は人の力で張るんですよね。
上にいる先生?が指示を出して、学生さんは協力して力技で帆を張っていきます。

1枚、また1枚とどんどん帆が張られていきます。あと少し!

じゃ〜ん、全部帆が張られた船は迫力があります。すごく後ろまで引かないと写真に写りきらないくらいです。

無事帆を張ることができて、学生さんも安心したのかこの表情です。
みなさん港に降りてきて記念撮影されていました。おつかれさま!

記事一覧