2019年11月にオープンした長崎市坂本のイベントスペースCRANE(クレイン)。

2020/2/11

2019年11月に坂本町にオープンしたイベントスペース兼レンタルスペースCRANE(クレイン)について紹介します。CRANEはもともと長屋で、長崎大学工学部構造工学コースのとある研究室が約1年かけて改修した物件です。
イベントスペースの利用料は3時間500円。利用のご相談はインスタグラムでDMをお願いします。

イベントスペースCRANE(クレイン)の場所は?

長崎らしい坂や階段を上っていきます。浦上駅から片足鳥居を目指します。通り道には山王神社や原爆遺構である片足鳥居があります。

山王保育園横の細い道をさらに数分上がっていくと…

もう少しのところまで来ました 。

少し歩みを進めると到着です。

こちらがイベントスペース兼レンタルスペースCRANE(クレイン)。外観はこんな感じ。パッと見は空き家のままですが中はきれいに改修しています。

気になるCRANE(クレイン)の中は?

早速、CRANEの中に入ってみましょう。中に入ると

土間があり、石のタイルが敷き詰められています。

中の広さは約12畳。天井が高いので開放感のある広々としたスペースになっています。

今まで開催されたイベントは?

現在CRANEでは月に1度程度でイベントが開催されています。

こちらが11月に行われたアート展示兼織物ワークショップの様子です。現在はイベントを行うことで活用しています。 今後は同じ様にイベントを行いつつレンタルスペースとして貸し出したり、地域の方へ開放したりと様々な用途として使っていこうと考えています。 イベントスペース利用料は3時間500円です。木になる方はInstagramからDMをお願いします。

CRANEができるまで

もともと研究の一環として始まった空き家改修PROJECT。この空き家を改修するということが決まってから、地元の方の意見や学生の意見を交えながらどのように活用することがいいのかということを検討していきました。戦後すぐに建てられたもので長屋が2軒連なった状態でした。

以前のキッチンの様子

とてもきれいな状態とは言えないような感じだったので掃除から始めました。

部屋を分けていた壁や天井、床の解体を行いました。

フローリングを貼り、

コンクリート板と砂利を敷く。

改修はほとんどを長崎大学の学生で行いました。電気や水道の工事のみを業者に委託。このような過程を経てCRANEが完成。

今後はイベントスペース兼レンタルスペースとして活用していき、地域を巻き込みながら活動していこうと思っています。 外壁なども並行して改修していく予定です。

CRANE無料開放日として2020年2月23日(日曜日)13:00~18:00にCRANEを無料開放します。気になる方はぜひお越しください。

記事一覧